生活習慣が顔のたるみを引き起こす?

生活習慣の乱れは顔のたるみを引き起こすので注意しないといけません。
中でも注意したいのが「睡眠」と「食事」です。
この2つは顔のたるみを引き起こす大きな原因になるので、十分な睡眠と栄養バランスのいい食事を心がけてください。

たるみを予防・改善するには睡眠が必要不可欠です。
睡眠時間が足りないと成長ホルモンを十分に分泌できないため、肌のターンオーバーが遅くなります。
ターンオーバーが遅くなると老化が早まり、たるみを生み出します。
そのため、睡眠をとらないとどんどん肌が老化して、たるみが悪化していきます。
逆にいつもたっぷりと睡眠をとっている方は肌のターンオーバーが正常に行われているので、年齢を重ねてもたるみが起こりづらいです。

そして、栄養バランスの悪い偏った食事はたるみを引き起こします。
野菜を食べずに肉ばかり食べているとミネラルやビタミンが不足してしまうので、ハリや弾力のある肌を作ることができません。
さらにたるみだけではなく、シワや吹き出物といった肌トラブルの原因にもなります。
特にたるみに悪いのは甘いものです。
糖分が多い食べ物は肌の老化を促進させたり、ターンオーバーを遅らせる老化たんぱく質も発生させます。

 

Page top