紫外線が顔のたるみを引き起こす

加齢が原因で顔がたるむイメージが強いですが、紫外線も大きく関係しています。
紫外線はシミやシワを作るだけではなく、たるみも引き起こします。
実は紫外線を浴びると肌が老化してしまうのです。
これを光老化現象といいます。
では、どうして紫外線を浴びると肌が老化してしまうのでしょうか?

まず、紫外線を浴びると真皮内のコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つ繊維が破壊されます。
この2つの繊維が破壊されると弾力が失われ、皮膚がたるんでしまったり、シワができてしまいます。
さらに紫外線は活性酸素を生み出し、皮脂や細胞間脂質などと合わさって肌の老化を早める過酸化脂質を生成します。
また紫外線を大量に浴びると新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーを正常に行うことができなくなりますし、肌の乾燥も引き起こします。
こういったことが原因で肌が老化してたるみが生まれます。
若い頃に紫外線対策を何もしていなかった方は、年齢を重ねてからその反動が一気にくる可能性が高いです。
20代後半以降、肌のたるみやシミ、シワが出てきた場合は若い頃の紫外線対策不足が原因かもしれません。

しかし、だからといって諦める必要はありません。
今からでもしっかりと紫外線対策とスキンケアを行えば、たるみを予防・改善できるので安心してください。

 

Page top